小児弱視についての記録⑥【補助金と申請書のこと】

子育て関連

どーも!絶好調の はこ です(^^)/

小児弱視についての記録シリーズ、今回は弱視メガネを作るのにとっても重要な「補助金制度」のことについて書いていきたいと思います。

 

弱視治療用メガネは補助金制度があります

弱視治療用のメガネは実費だととってもお高いです・・・(*_*;

うちの子の場合は全てで5万ちょっとでした。

補助金制度といっても、一旦自己負担し、後日申請して補助金を受け取るような形になります。

 

とりあえず、代金はすべて支払う

メガネを受け取る時、または作成注文時にお金を払います。

うちはクレジットカードで支払いました。

その時に重要なのが、領収書をもらうということ。

メガネ店もその辺はわかってくれてる場合が多いと思うので、頼まなくても書いてくれると思います。

レシートタイプの領収書に、名前を書いてもらいました。

申請時に必要なのでなくさないように、大切に保管しておきましょう。

 

申請書を手に入れる

我が家の場合は後日、社会保険事務所にて申請書をもらいました。

記入して郵送か、提出します。

提出には、メガネ店でもらった領収書と、眼科でもらった処方箋が必要です。

コピーではなく、原本が必要です。

提出すると書類は返ってきませんので、我が家はコピーをとりコピーのほうを自宅保管することにしました。

提出は急がなくても良いようですが、一応1カ月以内がいいのではないかと思います。忘れてしまうことはないとは思うんですけどね。

封筒を用意して、郵送しました。

 

申請書を書く

わからないので、ネットで調べたりして書きました。

↑原因及び経過の欄は

「3歳児検診で再検査になり受診。現在治療用眼鏡を装着し、経過観察中です」と書きました。

装具等の装着について指示を受けた期間・日付の欄は空欄で大丈夫です。

※個人情報は消してあります

 

申請の承認を待つ

これが・・・不安になるくらい長かったwww

うちの場合連休をはさんでいたので約1カ月後といったところでしょうか。

あれー・・来ないなあ・・・って思ってたところに申請承認のハガキが届きました!!( ;∀;)よかったー

 

実質7割の補助金がもらえます

うちの場合は3万5千円くらいでした。申請書に振込口座を書いて提出したので、その口座に振り込まれる形になりました。

あーよかった~なんてネット検索してみたら、さらに・・・

 

自治体からの補助ももらえました

住んでいる自治体によってはさらに補助金がもらえるとのことで、管轄にTEL。社会保険からの申請承認のハガキ領収書乳幼児医療の受給者証を持って(コピーでも可)窓口までいらして下さい、とのことでした。領収書コピーとっといてよかったーー!

後日窓口にて申請後、2週間くらいで決定通知が郵送で届きました。

3500円くらいでした。この自治体の補助金はあまり知られていないんじゃないでしょうか。

 

申請は何度もできません

弱視メガネの補助金は3才でメガネを作り申請するとその後1年間は補助を受けることができません。

あとは4歳の時に1度、その後は2年おきとなります。※9歳まで

なので作ったら1年は大切に使用しなければなりません。紛失・破損しても補助金は出ません。

弱視ではない近視などのメガネは対象外です。

破損などの保証はメガネ店によって異なる場合があります。

 

ちょっと面倒でしたがなんとかできました

申請書を取りに行き郵送で送り申請承認を待つ、という長期間でした。ネットでいろいろ調べたりしましたが、これが結構書いている人少ない( ̄▽ ̄)

ぜひ参考にしていただければ幸いです。質問などもコメントから受け付けていますよ(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました