はこぶろぐ。

デジタルカメラのデータを簡単に素早くiphoneに転送する画期的なものを手に入れたお話

time 2018/10/16

デジタルカメラのデータを簡単に素早くiphoneに転送する画期的なものを手に入れたお話

どーも!カメラ小僧の はこ です!

最近カメラに興味をもち、極めはじめた私なんですが

30代主婦・ミラーレス一眼デビューへの道

カメラからスマホにデータを移すのにWi-Fi機能の付いたカードを使い、データ移行していたんですが・・

1枚くらいならいいんです。子供の写真がメインな私はめちゃめちゃ撮りまくるんです。

1枚あたり1分弱データ移行に時間がかかるんです( ̄▽ ̄)

ずーっと待ち続けるのはかなり厳しいです・・・( ̄▽ ̄)

そんなお悩みを一発解決できる画期的な商品をみつけたのでご紹介します!!

 

今までに使っていたのはWi-Fi機能がついたSDカードFlashAirでした

一般的な方法はこのWi-Fi機能がついたSDカードを使うという事だと思います。

 

スマホではFlash Air専用アプリをダウンロードし、それからの作業になります。
スマホ操作で転送したい写真を選択するのですが、1枚ずつの作業となります。
1枚転送するのに1分弱かかります。
時間に余裕のある場合や、転送したい枚数が少ないかたにはおすすめですね(^^)
しかし、私のように転送したい写真が1回につき10枚以上、あまり時間の無い場合におすすめの画期的なものがあったのです!!

SDカードリーダーで直接転送しちゃえばいいのです!!

まさかこんなに簡単に、しかもスピーディーに転送できる商品があったとは・・・!

見つけた時は本当にワクワクしました!!

 

価格もお手頃!!

※iphone用です

 

購入して使ってみました

私はAmazonで購入しました!

なんておしゃれな外箱なんでしょう(*’▽’)

繋ぐとこんな感じです。

説明書は英語と中国語でした( ̄▽ ̄)

まあ読めないのでなんとなく繋いで、SDカードを入れてみました。

使い方の注意

カードリーダーにカードを差した状態で、iPhoneに繋げます。

※カードリーダーを先に差し込んだ状態からカードを入れても読み込めません

繋げてから5秒ほど待つと、右下に「読み込む」というのが現れました。

新しい写真は下のほうに現れますので、スクロールして選択して読み込むという感じです。

中国製なのかもしれない

読み込みがうまくいかない場合もあります。

その場合は一度カードリーダーごと外して再び差し込み接続します。

あまり抜き差しをしすぎると一応コンピューターですから故障の原因になりかねません。

慎重かつ丁寧に行いましょう。

※故障の際も当サイトは一切責任を負いません

メイドインチャイナあるある・・・かもしれません。

iphoneの充電に注意

iphoneの充電が残り10%くらいだと、警告がでますので、作業前にある程度充電しておく必要があります。

カメラの充電は必要ないのでこれはこれで便利ですよね!!

まとめ

不安も多々あるかもしれませんが、私はこのSDカードリーダーを買ってよかった!と思ってます。

タイプや価格も様々あるみたいなのでよーく調べてみてくださいね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。!

 

 

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)