はこぶろぐ。

ミラーレス一眼を極める!単焦点レンズを購入の巻

time 2018/10/10

ミラーレス一眼を極める!単焦点レンズを購入の巻

どーも!写真大好き はこ です!

前回の記事でミラーレス一眼レフカメラデビューを果たした私でしたが、

30代主婦・ミラーレス一眼デビューへの道

もっともっと極めたい!

やるならとことんやりたい!

という性格?なもんで

プレミアムレンズを購入したんですねー

今回はそのレンズを購入した経緯について書いていきたいと思います。

単焦点レンズとは

単焦点レンズ」は、言葉通りただ1焦点距離しか持たないレンズです。 焦点距離は、撮影画像の画角(撮影範囲)に影響する数値です。 焦点距離の数値が小さいほど画角が広くなり、数値が大きいほど画角が狭くなります。知れば知るほど一度は使ってみたくなるレンズになるかもしれません。

Nikonサイトより引用

んー単焦点レンズ、簡単に言えば、ピントを合わせるのに自分が動かなければならないということなんですね。

それはさておき、すごく良い感じに背景ボケしてくれます。

キットの標準レンズよりかなり背景ボケます。

またメルカリで購入です

OLYMPUS PENで使える単焦点レンズでおススメなのは

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

のら2種が特に人気で使いやすいらしく

どちらかというとリーズナブルな

45mm F1.8にしました。

メルカリにて17000円で購入。ま、中古ですからそんなとこですよね。キズありなどと記載されていましたが使用感は特に問題ありませんでした。素人だからよくわかりませんw

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8で撮った写真

ではでは本題。どんな風に撮れるか、が本題です。

どうでしょうこのプレミアムな写真!

背景ボケがかなりいい感じですよね!

こちらはちょっとピント合ってませんが…

かなり暗めのカフェで撮影しました。

単焦点レンズは暗い場所でも明るく写るんです。

超優秀〜!

買って良かった!

今でも、本当に良い買い物したなーって思えるくらい満足してます。キットレンズでもそれなりに良いんですが、私は単焦点レンズのみ付けっ放しです。キットレンズには戻れない!というレベルです。

しかし欠点があった…

最初に書きました、単焦点レンズの特徴。

「ピントが合うまで自分が移動しなければならない」というもの。

要は被写体に近づくとピントが合わないんです。

最低でも50センチ離れなければならないんですね。

外出先で食べる料理を撮る場合、座ったままでは撮れないんです。

立ち上がるか、かなり離れなければいけないのです!

これはかなり使いにくい(´°Δ°`)でも…

そんな状況をカバーできる優秀なものがあったのです!!

次回に続くーー‼︎

最後までお読みいただきありがとうございました!

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)