はこぶろぐ。

震災による長時間の停電で起こる様々なことや持ってて良かったもの

time 2018/09/09

震災による長時間の停電で起こる様々なことや持ってて良かったもの

北海道胆振東部地震

平成30年9月6日。

深夜3時過ぎ。

突然の携帯からのアラーム音に目覚め、気づいたと同時に激しい揺れにおそわれました。

かなりの揺れだったのでテレビを付けると地震情報が。震源地が陸なので津波の心配は無いとのこと。

少しほっとしたとたん、家じゅうのすべての明かりが消えました。停電です。

我が家は震源地からあまり近くではないのですが、北海道在住で停電の被害をうけました。幸いにも停電だけでしたが、数時間でおさまらず

人生ではじめて長時間の停電を経験しました。

今回はそんな長時間の停電で起こったことや感じたことを、今後のためにも書き残しておきたいと思います。

 

スマホ事情

テレビが消え、頼りになるのはスマホからの情報でした

まずテレビが消えたことにより、ラジオを常備していない我が家はスマホからの情報だけが頼りになりました。

その中でも特にツイッターはリアルタイムで情報が入ってきてとても為になりました。

ですがどの情報が正しいのかは見極めが大切だと感じました。

 

スマホは頼りになるが充電が・・・

スマホはやはり充電が命です。私は以前モバイルバッテリーを購入したことがあり、1年くらい眠らせていたのでだめもとで使用してみたのですが、なんと結構残量がありました!

以前我が子の付き添い入院時に購入したものでした。大容量タイプです。このバッテリーのおかげで停電中もスマホの充電を切らすことなく使用することができました!


ですがなるべく充電が減らないように節電モードに設定していました。

 

家族は車でスマホを充電していました

車のガソリンがあってエンジンがかけられるのであれば、スマホはシガーソケットから充電できます。といっても車の付属品ではないので購入が必要です。

長時間のアイドリング状態になるので環境の観点からみるとあまりよろしくない気がしますが、緊急時にはいたしかたないことだと思います。


カーナビがついていると停電時でも、テレビ観れました。車って便利ですね。

 

通話はできないこともありました

分かりやすく言えば回線がパンク状態になるんですね。知り合い同士の安否確認なのかどこかに問い合わせの電話をかけるのか、はたまた学校や会社の連絡なのか、朝は繋がりにくかったです。

 

Wi-Fiは使えません

停電なのでもちろんWi-Fiは使用不可となります。余談ですが固定電話もひかり電話などだと不通になります。

 

生活関連のこと

スマホはなくても充電がきれてしまっても命にかかわりはしません。

ですが食べ物や飲み物・生活用品が以下の事態に陥りました。

 

コンビニやスーパーなどに行列ができる

地震があったのは深夜の3時でしたが、翌朝には町中のコンビニやスーパー、ドラックストアに行列ができたそうです。

私の住んでいる地域はその時点では停電だけでしたが、「これから断水になる」「ガスが使えなくなる」などのデマが飛び交い、あらゆる人が一斉に食料や生活用品を買い求めます。

私もその行列のウワサを聞き、とりあえず飲み物だけは確保しました。停電しているので窓の無い大型量販店は電卓打ちによる店頭販売、コンビニは補助充電(たぶん)によるレジ販売でした。

 

冷蔵庫が機能しなくなる

停電になり一番困るのがこの冷蔵庫事情です。

冷蔵室はわりとすぐ常温になってしまいました。

ですが冷凍室は意外にも半日以上~1日くらいは凍ったままキープできました。たぶんパンパンに凍ったものが詰まっていたからだと思います。後は何度も開けないのが大切ですね。

 

炊飯ジャーが使えない

ごはんは炊飯ジャーがもはや一般的ですよね。

もう何年かぶりに鍋とガス火でごはんを炊きました。我が家には無水鍋があったのでとってもおいしいご飯が炊けました!

 

コンビニやスーパーの商品が無くなる

皆が一斉に商品を買い求める、そのせいだけではなく

停電で冷蔵システムが機能しなくなり、常温になってしまった冷蔵&冷凍の食品は廃棄となったようで、コンビニやスーパーから生ものが消え去りました。

生鮮食品の肉や魚、納豆や漬物、ウインナーやハム、乳製品・・・あらゆるものが無くなりました。

停電解消から数日が経っていますが、いまだそれらの食材は無く、買えるのはいつになるのかわかりません。

どういう流通ルートで商品が入ってきているかわかりませんが・・・

常温保存がきく缶詰やレトルト食品は当然売り切れていました。

唯一残っているのはお菓子や調味料くらいです。

我が家は冷凍庫に残っていた肉や冷蔵庫にあるもので調理したり、乾麺などをゆでたりしてなんとか過ごしています。

乾電池なども完売でした。

子ども用オムツなんかも品薄のようです。

たとえ販売が再開しても品薄はしばらく続くような気がします。

 

ガソリンスタンドが閉まる

停電のせいで閉まるのかみんなが一斉に給油するため品切れになるのか・・・どちらかわかりませんが、うちの家族がガソリンを入れられずに帰ってきました。

2000円まで、とか10リッターまでとか条件付きで給油しているところもあるようです。

 

 

信号が消える

信号が消えても車は走っていました。

すべての交差点にガードマンが立っているわけではなく、ほとんどの交差点は譲り合い運転です。

歩行者も、横断歩道は周囲をよく見て渡る必要があります。

 

温水が出ない

給湯システムも電気なので、温水が出ないため

入浴できません。いざという場合は、お湯をガスコンロで沸かしてもいいかもしれません。

 

まだ油断はできません

1日以上という停電を経験したのは人生初です。

こんなことになるとは経験するまでわかりませんでした。

ライフラインに不自由のない日常生活がいかに幸せか、電気がいかに大切か、思い知らされました。

まだまだ油断はできない状況で、電気が復旧してから私はすぐにモバイルバッテリーの充電をしました。

震災は本当にいつどこで起こるかわからないなと思いました。

備えあれば憂いなしといいますが、もうこうなった以上はもとの生活に戻るまでの試練と受け止めるしかありません。

幸いにも季節は秋で北海道は寒くも暑くもなく過ごしやすい気候です。

残念ながら命を落とした方もいらっしゃいます。ご冥福をお祈りいたします。

被害がこれ以上大きくならないことを願いながら日々過ごしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)