はこぶろぐ。

いざという時のために!災害時に備えておきたい防災グッズリスト

time 2018/06/18

いざという時のために!災害時に備えておきたい防災グッズリスト

どーも!日本在住の はこ です!

 

日本は地震大国といわれるくらい地震が多い国です。

いつなにが起きてもいいように備えておきたい防災グッズ。

今回は家庭用防災グッズの選び方とおすすめをまとめていきたいと思います。

 

常に用意しておきたい防災グッズリスト

飲料水

とりあえずは1人500mlのペットボトルがあればいいでしょう。

食料

ゼリー飲料やカロリーメイトなどの健康補助食品は食べやすく栄養価も高いので便利です。カンパンは基本ですね。

保存食であればレトルト食品・カップラーメンなどがあれば安心です。

 

防犯ブザーやホイッスル

もし地震などでどこかに閉じ込められた場合、救助を呼ぶのに使用します。

 

懐中電灯やライト

停電時に使用できます。常に使えるように電池のチェックをしておきましょう。

 

携帯電話・予備のバッテリー

携帯電話やスマホは、連絡手段・情報所得に役立ちます。ですが充電がなければ意味がありません。予備のバッテリーを充電しておき、いつでも使用できるようにしておきましょう。

身分証明書・健康保険証

ケガなどの治療が必要になったときに必要です。

 

現金

少なくとも小銭ぐらいは準備しておきたいものです。

 

持病があればその薬・またはお薬手帳

お年寄りや、持病を持っている方は飲まないことにより命の危険にさらされることがあります。

いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

 

マスク

やむを得なく人込みに出くわしたり、避難生活を送ることになった場合、感染症を防ぐためにもマスクは必需品です。

 

簡易トイレ

断水時にあると便利です。衛生面でもあったほうが良いでしょう。

ポリ袋

あると何かと便利です。一時的に水を溜めたり、裂いて紐代わりにもなります。

筆記用具

ボールペンよりもシャープペンシルが良いでしょう。

 

ティッシュペーパー

汚れを拭き取ったり、傷口の止血など様々なことに使用できます。

 

おすすめの防災セット

自分で用意するのはもちろん良いのですが、はじめからセットで販売しているものもあります。

そのなかでも人気の高いものを紹介します。

※詳細は画像をクリックしてください

 

まとめ

備えあれば患いなしと言いますが、何も起こらないのが一番なんですよね。

ですがいつ何が起きても安心なように準備しておくのが大切です。

自分や家族の命を守るため、最低限できることはしておきたいものですね。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)