きょうだいげんか、どうする?

昨日のことです。

 

長男と長女のおもちゃ遊びが

おもちゃの取り合いに発展しました

 

 

長男が泣きます

そもそも長男のおもちゃなんです

 

長女はそれをわかっていながらも、遊びたいので譲りません

 

まわりを取り囲む大人は3人いました

 

私、主人、義母です

 

仲良く遊ぼうねー

なんて言っても泣き続ける長男

 

長男のおもちゃだからお姉ちゃん我慢しようねーなんて言ってたら

 

こんどは長女が泣き出しました

 

主人が間に入りました

 

説明しようがなだめようが

 

長女の泣きはおさまりません

 

 

なんとなく

 

 

なんとなくなんですが、

 

 

これは放っておくのがいいんじゃないかと

 

7才と4才半なので2人で解決できるのではないかと

 

私はそう思い

 

「パパ、ちょっと放っておこう?」

 

と、主人に伝えて

主人は間から抜けました

 

 

泣き止まない長女をみて長男が

 

「…いいよ、これかしてあげるよー」

 

と!!!

 

 

私と主人は笑顔で目を合わせました  笑

 

 

長女もスッと泣き止み

2人で遊び始めました

 

 

何かの育児番組で見たことがあるんです

 

なんとなくの記憶なんですが、

 

きょうだいげんかは助けを求めてくるまで

親は見守るだけでよい  と

 

さすがに次男(2才)が参戦するケンカは結構激しいので割って入りますが  笑

 

やはり言葉の通じ合う

人の気持ちがわかる年齢のきょうだいげんかは

本人たちで解決するのがいいのかもしれない

と思いました

 

何が正しいとか正しくないとかじゃないんですが

 

私もひとつ学びました

 

 

日々、学びですね

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓ブログランキングに参加中です

下のバナーをクリックしていただけるとランクアップする仕組みです!

いつも応援ありがとうございます♪
励みになります∩^ω^∩

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村