1日のはじまりと、小さな幸せ

私の1日は、朝子どもたちを小学校、保育園に送り出すことから始まります。

 

やはり子どもが3人いると、簡単にはいきません

 

朝ごはんのメニューを嫌がったり

 

朝ごはん、派手にこぼしたり…

 

今朝は私、生卵2つ落として割りました

ま、私が悪いんですが↑

 

「ママ!服、これじゃ嫌だ〜」などのこだわりがあったり…

 

朝は教育テレビが面白いのでボーッと観ていて着替えない

 

 

朝のあれこれ…数えだしたらきりがありません

 

特に、私が出してきた子供服に不満を訴えられた場合

 

子供服はうちの2階にあるので、階段を行ったり来たり

 

大変ですが、運動になります!笑

 

さて、そろそろ行くかなという時間になってから

 

水をこぼして服を着替える…

 

外で転んで服を着替える

 

 

しかしそれでも遅刻せずに行くのです

 

何があっても遅刻してはいけないのです

 

 

ほんとに大変ですが、みんな送り出した後の

 

やり遂げた感

 

これに勝るものはありません

 

 

でも大変な中にも幸せがあって

 

朝ごはんに焼いた卵焼きをおいしいおいしいと食べてくれたり

 

教育テレビを見ながらかわいいダンスを見せてくれたり

 

新しい服を嬉しそうに着替えたり

 

元気に手を振ってバイバイしてくれたり

 

これだから母としてやっていけるんですね

 

健康で、笑顔でいてくれたら

それでいいんです

 

そんな日々に感謝です

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓ブログランキングに参加中!バナーをクリックしていただくとランクアップする仕組みです。いつも応援ありがとうございます!

 

 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村